BLOG

2019.10.31個人のビジョン

多くの会社には経営理念というものがあります。

会社の存在意義、会社の使命というものに従い、それは作られています。


そして、「数年後にはこのような状態になっていたい」というビジョン、社員で共有しておきたいルールや価値観(行動指針・スローガン)を掲げている会社も多いと思います。



でね、前にも書いたのですが、会社に所属する人は、経営理念に従い、ビジョンを実現するために行動指針に則って行動する必要があります。
なので、自らがそれらに共感できないような会社では働くべきではないと思っています。

あ、いや、これうちの会社の価値観であって、皆そうであるべきだ!と思ってる訳でありません。なのでそういう前提で読み進めて欲しいのですが、

もし会社のビジョンや行動指針に共感できないなら、それらを自分を含めた多くの社員が共感できるような形に変えられないか提案することは良いとして、そういった提案をすることもなく、それらに従わないという選択をするのであれば、なるべく早くその会社を辞めるべきだと思います。

だからこそ、出来る限り就職する前にそれを確認する必要があるんですよね。

入ってから、「やっぱり共感できなかった」は通じません。



と書いておきながら、大変お恥ずかしい話、うちは昔からずっと理念や価値観というものは前面に出してきましたが、ビジョンはあまり強く謳ってきませんでした。

なので、理念や価値観に共感できるという方はある程度採用が出来ても、ビジョンが合う方を採用する事はなかなかできませんでした。

考えたら当たり前の事ですよね。



ただ、世の中にはビジョンを表明しないという会社も少なくありません。
経営的には実はそれでも良いと思っているのですが、会社とそこで働く人の関係上は、やっぱり会社のビジョンはとても大事だと思うのです。

どういう事かと言うと、働く人それぞれが、自らの個人のビジョンとその会社のビジョンとの一致点や整合性を探し出し、そこに意義を見出すことがとても大事だという事。

個人はそれが出来る会社を選ぶべきだし、会社は「会社のビジョン」と一致点が見いだせるビジョンを持った人を選ぶべきなんですよね。


ま、実際は会社側にも個人側にもいろんな事情があるから、そんな簡単には行かないんですけどね。。


ARCHIVE

最近の記事