BLOG

2019.10.26繁忙期の乗り越え方

うちは毎年、夏休み明けから徐々に繁忙期に入り、11月下旬くらいまで忙しい時期が続きます。
みんな、夏休みで中断していたプロジェクトを再開していったり、秋は行楽シーズンなのでイベントやる所も多いですしね、そんな感じで企業活動が盛んになるとお仕事がやってくるのです。
 
加えて、うちは8月末決算。
なのでこの時期は結構大変で、今年も例年通りちゃんと慌ただしくなっています。
 
 
そんなこんなで毎年の事なので、これまでは事前に派遣スタッフを入れたり、アルバイトスタッフを増やしたりという事でこの時期を乗り越えていましたが、今年は敢えて臨時で入れることなく対応しています。
 
 
それが実現出来ているのは、メンバーが優秀で手が早いという大前提があるのですが、決してそれだけでなく、これまでのやり方をそのまま踏襲する事なく、生産性が高いやり方に常に改善しながら進めているからなんですよね。
 
 
 
 
当たり前ですけど、生産性ってすごく大事です。
 
 
「日本の労働生産性は主要先進諸国のなかで最下位である」みたいなことをよく見聞きしますが、どうすればその生産性を高めていく事が出来るのでしょうか?

うちの場合は具体的には「技術力」や「ノウハウ」が押し上げてくれるものだったりしますが、しかしそれよりも「考える力」が重要であり、更にはその根底にある「姿勢」や「思い」が超重要だと思ってます。
 


どういう事かと言うと、とにかくどうやればもっと正確にスムーズに出来るだろうかと常に考える癖を付け、毎度それを考え抜くことが必要なのですが、それをする目的や目標がまず大事だってことなんですよね。

そもそもの前提として、とにかくお客様に早く納品して喜んでもらいたいとか、新たな効果を生む改善案を提案してお客様の目標達成のお手伝いをしたいとか、次工程のメンバーやこの仕事を担当する他のメンバーの助けができないかとか、時間はコストなのでとにかく早く処理して利益に貢献したいとか、そんな「姿勢」や「思い」でいる事がすごく大事だと思うのです。
 
 
そのような姿勢や思いを「目的」や「目標」として考え続けることで、高いレベルで生産性を継続的に上げていける人になると思うのです。  
 
ま、それだけじゃないかもしれませんけど。  
少なくともうちはそういう部分を共有できる人と一緒に働きたいと思っています。  
 
 
なんか話が途中で変わりましたけど、フロントエンドエンジニアの募集を始めました。

お客様の為にという想いを共感できる方、是非お問い合わせください!

ARCHIVE

最近の記事