Blog

2017.05.03 [ csr,policy ]

持続可能な成長とは。

このサイトでは、
「お客様の持続可能な成長を支援します」と掲げました。

 

この考えは昔から何ら変わってはいませんが、自社サイトでこのような表現を取ったのははじめてだと思います。

 

しかし、学生時代、環境問題を専門で学んできた私にとってこの表現はとてもしっくりくるフレーズです。

 

こんな風に考えております。

 
 

人は一人じゃ生きられません。
 
私たちは家族や友人、学校、会社の仲間や取引先、いろんなお店や生産者、地域の中で生かされてる存在であるということ、
 
また、豊かな動植物と地球環境の中で生かされてる存在であるということを忘れてはいけないと思います。
 
そして、ご先祖様が連綿と命を繋いでくれたからこそ、今の私たちがここに存在できているという事を忘れてはいけません。
 
 
 
私たちがこれからもずっと幸せに暮らしていくには、つまり、持続可能な幸せを実現するには、この考えを大切に感謝を忘れず、守るべきものを守り、今の自然環境を維持し、回復させる努力を、それぞれがそれぞれの持ち場で出来る限り取り組むことが大事だと思っています。
 
 
 
で、企業というのは、そういった人達の集合体であるのですから、同じような論理に従って動くべきだろうと考えています。
 
 
 
つまり、ここからが超大事なんですけども、
 
世の中では、個人としては私生活では「絶対にしないようなこと」、
理性で考えると「それは全体最適になっていない、社会にとっては良くない」と考えることでも、
 
企業の一員になると、「お金を得る為には仕方が無い・・・」と割り切ってしてしまう人、そして、それをやらせてしまう企業が少なくないと思っています。
 
 
 
例えば、「大量生産・大量消費社会は資源とゴミ問題などの観点から良くない」という考える人でも
企業の一員としては自社の製品をいかに多く売るかという事に必死になっていたりね。
(※程度問題でしょうし、場合によってはそれも全体最適へのプロセスであるかもしれません)
 
 
 
もちろんね、企業は収益を上げなければいけませんから、どこかでバランスを取らなければならず、どこで線を引くかはとても難しいテーマです。
 
でも難しいからと言って「仕方ない」と思考停止せず、チャレンジを続けなければいけないんですよね。
私自身これからもずっと幸せに暮らしたいので。
 
 
そんな感じでね、人間は何度も失敗してきましたが、「お陰様で」の気持ちを忘れず、共に持続可能な成長を実現する為に頑張っていきたい、そう願っています。
 
 
 
 
長くなりましたが、持続可能な成長とは、永遠に右肩上がりで成長するモデルではなく、社会レベルでの全体最適と企業や個人レベルでの部分最適を両立するような成長モデルである訳です。
 
 
その為には、お金という存在が相当に厄介なんですけども、その件も含めて、夢のような話ですが、20年後くらいには解決している(し始めている)と信じ、日々努力していこうと思います。