Blog

2018.08.14 [ management,team-building ]

滞るサイト運営をスムーズにする方法

理想のサイト運営チームの話の続き。
 
 
「サイト運営チームを、目的に沿った理想のメンバーで組む」
 
もしくは
 
「サイト運営において、必要な役割分担がその期の達成に向け、適切に行われる」
 
 
 
そんなの、本当、夢物語かもしれません。
 
 
現実は複雑な要素が絡みまくっていますからね。
 
 
 
みな、忙しいですし。
 
 
得手不得手もあるし。
 
 
課長や部長がメンバーを出してくれないとかね。
 
 
その本人がやりたがらないとか。
 
 
 
 
 
どれも解決困難な課題ばかりですが、解決可能な課題でもあるはずです。
 
 
 
では、順番に見ていきましょう!
 
 
1)忙しいからできない
 
これ、結局は重要度と優先順位の問題です。
 
忙しくても、重要で優先順位が高い仕事はやりますからね。
 
いくら時間が空いても、サイト運営は重要じゃない、優先順位は低い、自分の仕事じゃないと捉えていたら、その人はその仕事やりません。
 
なので、WEBサイトの目的を社長(リーダー)が明確に定め、その重要度・優先順位をメンバーと共有する必要があるという事。
 
 
その為には会社・事業のビジョン・目標を、皆で共有しておく事が非常に大切です。
 
ビジョン達成の為、サイトをこのように使い、近々の目標を達成しようという事を共有しておく事が大切です。
 
 
でも、実際は社長が号令をかけても、「でもやっぱり忙しいし動けません・・・」という事は往々にして起こります。
 
 
なので、サイト運営という業務が、各人の業務にどう位置付けられるか、必要不可欠な仕事であるという事を改めて共有し、それを実行できる為の細かい落とし込みを、継続的に行っていかなければなりません。
 
例えば、今行なっている作業の見直し、業務効率化、時間配分の見直し、技術力向上の取り組み、役割分担の見直しをするなどして、サイト運営にきちんと取り組めるように調整していくという感じですね。
 
 
更に「それでも無理です・・・」という場合は、新メンバーを入れるか、業務の一部を外注するなどの手を打つ必要があるかもしれません。
 
 
 
 
という訳で、組織の状態によっては、ほんと大ごとで、じっくり時間をかけざるを得ないかもしれませんが、必ず解決できるはず。
 
 
 
是非頑張ってください。
 
 
 
2)得手不得手がある
3)部長・課長がメンバーを出してくれない
4)本人がやりたがらない

 
以下、同文。
 
 
 
 
ちょっと大雑把ではありますが、1と同じ流れで手を打っていくという事には変わりありませんので省略です!
 
 
 
 
 
ちなみに、実際にこのプロセスを自社だけでは回すのは結構大変だと思います。
 
 
これまで出来なかったことを出来るようにするという事ですからね。
 
 
 
なので、外部の助けを借りたいという場合は一度お声がけくださいませ。