Blog

2018.08.27 [ policy ]

順序が大事?

会社の信条に、このような一文を入れているという事を何度か書きました。
 
「両親や家族、ご先祖様、仕事仲間、お客様、取引先、生活環境、仕事環境、自然環境など、当たり前のことなど何ひとつないという事を忘れず、仕事と人生に向き合いましょう。」
 
この順番も考えての事だと書きました。
 
 
 
しかしですね、この順番に従って「お客様のことよりご先祖様のことを考えて決断した」みたいな事があってはなんかちょっと違います。
 
いや、全然違います。
 
 
 
お客様のことを思うからこそ、ご先祖様を大切にするのであって、
ご先祖様を思うからこそ、自然環境を大切にするべきだと思うのです。
 
 
 
例えばですよ、
家族の為・仕事仲間の為に給料を上げ、会社に利益を残さなければいけない。
工場廃水を浄化する装置を付けると利益が圧迫されてしまう。
だから付ける事は出来ない。これはやむを得ない処置だ。。
 
 
そういう発想をしたのか知りませんが、実際に昔、廃水垂れ流しをした企業が社会問題を引き起こし、結局家族も仕事仲間も守れない結果となりましたよね。
 
 
 
食品工場で衛生管理・危機管理が徹底されておらず、更に組織の隠蔽体質などの原因も重なり、毒素が残存してる食品を出荷して集団食中毒を引き起こした事件もありました。
 
 
これにより工場は閉鎖され、会社は大幅赤字に転落しました。
衛生管理より出荷を重視した結果の顛末です。
 
 
 
こういう事例は枚挙に暇がありません。
 
 
 
お客様の為はもちろん、地域環境や自然環境の為に何が出来るかを考え、もちろんバランスは大事ではありますが、ある程度自分達の利益を削ってでもそれをする事で、結局はそれが知らず知らずのうちに家族や仕事仲間を守ることになるのだと思います。
 
 
そしてそれこそがご先祖様や両親に喜んでもらえる事になるのではないかと思います。
 
 
 
持続可能な経営の基本とはこういう事ですよね。