Blog

2018.09.11 [ policy ]

成長について

「成長」という言葉をたまに使いますが、そもそもそれをどういう意味で使っているのでしょうか。
 
ちょっと改めて考えてみました。
 
 
人としての成長とは、簡単に言うと「出来なかったことが出来るようになる」ことではないかと思います。
 
それは仕事や経験面での出来る出来ないだけでなく、「気付けていなかったことが気付けるようになった」というのもそうだし、「自分自身をコントロールできていなかった部分があったけど、それが出来るようになった」というのもそうだと思います。
 
但し、それは人間性を高めていくという旅の上でという前提が付きます。
何か悪事を働く上で「出来なかったことが出来るようになった」というのは、成長とは呼びたくないですしね。
 
以上、今思い付いた限りの、私が考える「成長」の定義とします。
 
 
 
 
では、私たちは、「成長」を仕事の目的とすべきなのでしょうか。
 
それとも、「成長」を目的とするのではなく、それは仕事の結果として付いてくるものと捉えるべきなのでしょうか。
 
 
 
ま、これも人それぞれ好きに考えれば良い話ですが、
 
 
私としては、人生の目的は「成長」(魂の成長ですけど)にあると思っておりますよって、仕事も人生の大きな大きな要素のひとつなので、自らの「成長」を仕事の目的のひとつとすれば良いと思うのですが、
 
仕事で求められた成果を出すことなく会社への貢献が出来ていなければ、仮に自らが「成長」出来ていても、それは持続可能な状態とは言えないので、
 
小さな「成長」の積み重ねで仕事の成果を出し続け、その結果として大きな「成長」が付いてくるというイメージじゃないかと思います。
 
 
 
ただ、その小さな「成長」も、自らの幸せを犠牲にしない方法で達成されなければなりません。
 
そう、当たり前の事ですが、やっぱりね、仕事は人生の上をいかないんですよね。
仕事の為に人生があるんじゃなく、人生の為に仕事があるということを忘れてはいけません。
 
経営者であれ従業員であれ、今の仕事が本当に辛く、耐えられないという場合はもうやめてしまえばいいし、仕事の為に人生を犠牲にしてはいけません。
 
 
 
 
でもね、もう本当に耐えられないというレベルではない場合、
毎日を幸せに生きる為、更に人生の目的である「成長」の為にも、「仕事」というのは本当に大変役に立つステージだと思っています。
 
 
だって、自分の思い通りに行くことばかりでないし、理不尽な事も多々起こるし、頑張った分だけの見返りがないことも多いし、プレッシャーに押し潰されそうな時もあるし、時間通りに出来ず身体的に厳しい時もあるし、先行き不透明でどうしようかと思うし、大変なこといっぱいですけども、
 
 
でも、たぶんそれこそが実は自らが求めてた「成長」できるステージであり、自分を見つめ直し、自分を変えるいいチャンスなんですよね。
 
 
我々そういう状態の時でも、幸せを感じることができるかに挑戦していて、それこそが大きな「成長」なんですよね。
 
 
 
 
 
 
さあまた今日も頑張りましょう。