Blog

2018.10.04 [ diary ]

台風被害

お客さんとこ行ってきました。
 
これ、台風21号の爪痕。
 

 
風圧でぐいぐいと押され、ぐにゃっと曲がってしまったそうです。
 
幸いこのビニールハウスは倉庫用に使ってたもので、まだ被害は小さかったとは言え、
自然を相手にする仕事というのは本当になんて大変なんだろうと思います。
 
 
 
更に、このような自然災害リスクとはまた別の話ですが、
農業でもいろいろな技術開発は進んでいて、これまで数ヵ月大変な思いをして親株から子株を作り苗を育てていたのが、種から直接苗を育てられるという成功例が出てきて、手間も時間も費用も大きく削減できる革命が起ころうとしているとの事。
 
これは自社にとってもメリットはあるけれど、ライバルにとってもまたメリットで、参入障壁が大きく下がる為、大手がどんどんと参入する恐れもある訳です。
 
 
このような時代にいかに生き残るか。
 
 
私も台風20号の時に陥った、都合の悪い情報を過小評価する「正常性バイアス」からいかに逃れるか。
 
 
 
 
本当に他人事ではありません。
 
 
改めて書きますが、我々も農家の方ほどは自然災害リスクは大きくないでしょうが、停電したら仕事になりませんし。
 
コンピュータソフトやAI技術の進化は、我々の仕事の一部をごっそりと不要にします。
 
 
 
ほんと、板子一枚下は「地獄」とまではいかないですが、変わり続けなければ残っていけないとつくづく感じた一日でした。

2018.09.28 [ diary ]

楽しい仕事

前回、森本会計様のサイト制作は楽しい仕事だったと書きました。
 
 
これ、「仕事にも、楽しいものと楽しくないものがあるんです」という事が言いたい訳では決してありません。
 
実際、個人的には全ての仕事に楽しい要素があると思っています。
 
全体的にあまり楽しくないなと感じる仕事でも、それでもその中に楽しい作業はあり、また別のスタッフは全体的に楽しいと感じているかもしれませんし、
逆に全体的に楽しいと感じる仕事にも、苦しくしんどい作業はあるものです。
 
 
 
では、私自身が「全体的に楽しい仕事」だと思える要素って何なのかと言いますと、
 
基本的にはこちらをある程度信頼してくれている事じゃないかと思います。
 
 
 
もちろん、何か違うと思ったらそれを言ってもらえ、
必要な所はきちんと駄目出しをしてくれるという前提です。
 
 
そういうお客様との議論は「いいものを作る為の工程」であり、
互いに敬意を払った上で双方向のやり取りが出来るので、楽しいんですよね。
 
 
 
最近はほとんどがそういうお客様で本当に有難い限りですが、
稀に「こちらはお金払ってる立場ですし」とか、「他の所に変えるという選択肢もあるんです」とか、
そういうのをチラつかせてくる方もいるんです。
 
いや、そういうのって思ってても言ったらあかんと思うんですけどねえ。
 
 
 
ま、それは置いといて、
昨日はまた楽しいお客様の撮影に行って参りました。
 
 

 
 
 
サイトが出来上がったら、またお知らせできればと思います。

2018.09.19 [ diary ]

京都北部への旅

世間は、働き方改革真っ盛りなので、
 
私自身も個人的に働き方改革をしようと思う今日この頃。
 
 
私は立場上、国から労働時間を制限される事はございませんし、
既にがんがんテレワークも実施しておりますので、単なる私の気持ちの上での改革なんですけどね、
 
テーマは、「書を捨てて、町へ出よう!そして、山へも出よう!」です。
 
 
 
これまで基本的に事務所やカフェなどでPC作業をする事が多かったのですが、それを少し減らして、町へ山へ出掛けよう!と思っておるという訳です。
 
と言うのも、最近嬉しいことに山の仕事が少しずつ増えそうな兆候があり、
それに町の仕事も増やそうとしておりまして・・・
なので、もっと外に出よう、もっと現場に行こうという感じなんですよね。
 
 
 
 
という訳で行ってきました、京都北部への超々小旅行!
 
 

 
 
今回は、とある方に只今企画中のとある社会貢献キャンペーンのお話を聞いていただくという目的だったのですが、とても好意的に聞いてくださり、本当にありがたい限りでした。
 
 
と書いているうちに、来週も山へ行く仕事が入りました。
 
 
楽しみですね。

2018.09.18 [ diary ]

ご冥福から思うこと

名女優がお亡くなりになりました。
 
 
心からご冥福をお祈りします。
 
 
と思いながら、ネットで検索してみると、同じく
「ご冥福をお祈りします」という言葉が並びます。
 
 
 
 
実は私、この「ご冥福」という言葉が好きなんです。
 
 
なぜなら・・・
 
言うまでもなくこの言葉は「死後の幸せを祈ります」という意味ですが、
 
という事は「肉体は亡くなったが、魂は幸せを感じられる」という事が前提の話となり、
 
つまり、「魂は死なないよ」という事を意味する訳で、だからこの言葉が好きなのです。
 
 
ちなみに、冥福の冥とは「冥界」という地獄への入り口という意味なので間違った用法であるという説もあるようですが、まあ解釈はいろいろあるのでそう考える人はそれでいいと思います。
 
もうひとつちなみに、私はどの宗教にも属しておりません。
 
 
 
さて、この女優さんの事は、これまで何度もニュースなどで発言を目にすることがあり、その度におもしろいなあ、そのスタンスや価値観が好きだなと思っていたので寂しいですが、こういった好きな方やご縁があった方がお亡くなりになったという知らせを聞いていつも思うのが、今を生きることの大切さです。
 
 
魂は死なないので、肉体の死はそれ程悲しむべきものではないのかもしれませんが、
それでも、生きてることの重さというか、その価値をまた新たに感じずにはいられないと言いますか。
 
 
 
本当、自分もいつ死ぬかわからんのだから、まさに今を生ききらねば!と思います。
 
 
と書きつつ、そう言えば、誰も亡くならなくても、ほぼ毎日こう思ってる事に今気付きましたが、特にこういう時は更に思いが強くなるという訳ですね。
 
 
 
 
さあ、今日もまた頑張りましょう。

2018.09.08 [ diary ]

効果倍増

先日、また期が変わりました。
ウェイズ、22期に突入しております。
 
 
21期も平凡ながら、出来るようになったことがまたちょっと増えたいい一年でした。
 
 
こうやって過去を振り返る時、役に立つのが「いいこと日記」です。
 
 
今、名付けましたけど。
 
 
それは何かと言いますと、
 
自分にとってのいい事、いい思い出、ありがたかった事、嬉しかった事、楽しかった事、うまく出来た事、苦労してでも何とか出来た事、転機となるような事などがあったら、それをちょちょっと単語や短いフレーズで記録しておきます。感想も一言だけ書いておきます。例えば、「最高!」とか「ありがたい!」とか。
 
手帳に書いてもいいでしょうし、ノートでもいいと思います。私は今はエクセルに書いてます。
 
 
毎日書く訳じゃなく、特にそういう事がなかったら書きません。
 
 
それがある程度溜まってきたら、改めて振り返ってみるんです。
 
 
するとですよ・・・
 
 
「あれ、意外といろいろ出来てるやん」とか、
「ほんま地味やけど、ちょっとずつ成長してるやん」とか、
「これひょっとしてめっちゃいい人生送ってるんちゃうん?」とかなる訳ですよ。
 
 
捉え方がポジティブ過ぎるかもしれませんけども。。(笑)
 
 
でも、その日記にはそもそも、「反省して次に繋げようと思った事」は書きますけども、嫌な気持ちとか悲しい気持ちとか怒りの気持ちは一切書きませんからね。
 
 
読み返して、プラスの気持ちしか甦ってこないので、そりゃ読んだ感想もプラスにポジティブになりますわな。
 
 
 
 
毎日起こる事実、出来事はひとつですけども、どこに焦点を合わせるか、どの角度(視点)で捉えるか、それをどう扱うかによって、その出来事の持つ意味は大きく変わりますからね。
 
 
どう捉えれば、自分の人生にとって意味を為すかを考え、実際にそのように捉え、そのように扱います。
 
 
それを後から見た時、効果倍増にしてくれるのが「いいこと日記」という訳です。
 
 
 
 
そんなこんなで、子供の頃は弱く傷つきやすく怒りっぽかった私も、嫌な気持ち、悲しい気持ち、情けない気持ち、怒りの気持ちが心に残る滞在時間は年々短くなり、今ではほとんど感じなくなってきました。
 
 
そういう気持ちを感じても万事塞翁が馬でありますから、やはり次を見ようという気になるんですよね。
 
 
 
 
 
 
はい、という訳で、21期もまたいい年でしたという話でした。

2018.08.29 [ diary ]

油断と備え

先日、京都をかすめて北上していった台風20号。
 
 
夕方から休業する店舗が続々出る中で、
風は強まってはいたものの、雨はなかなか降らないし、
大したことないだろうと高を括っていましたら、
 
なんと22時半頃から自宅が停電。。
 
 
扇風機も換気扇も止まり、暑くて寝られないし、
 
 
水も出なくなるので、トイレも使えない。
 
 
冷蔵庫ももちろん機能停止。
 
 
いやー、困りました。
 
 
 
 
寝られないので、関西電力の停電状況報告ページを見ると、近畿一円数万単位で結構な世帯数が停電していたのですが、ページは数十分毎に更新され、着実に停電軒数が減っていくんです。
 
 
これが広範囲における大地震であればまた別かもしれませんが、「こんな早いペースで停電が復旧されていくとは!」とかなり驚きました。
 
 
本当すごい体制で、すごい企業努力ですよね。
 
 
 
結局夜中3時半頃に停電から復旧。
 
 
もうとてつもなく感謝しました。
 
 
 
毎日の普段の生活は、いろんな人々のお陰で成り立っており、「水が蛇口から出るなんて当たり前」じゃないんですよね。
 
 
前回8月初旬の大雨の時、ダムを決壊させないよう、ぎりぎりの範囲で放水量をコントロールしていたという話もここで読みましたが、
 
 
改めて、本当にいろんな人々に支えられてるよなあとつくづく実感しました。
 
 
 
 
とにかく油断は良くないし、普段からの備えが大事ですね。
 
 
改めて、最悪想定をして、ポジティブに生きていきたいと誓うことが出来た有難い機会でございました。

2018.08.16 [ diary,policy ]

非日常から日常へ

73回目の終戦記念日を経て、五山の送り火が終わり、ご先祖様はまた元の世界に戻られました。
 
 
これで非日常のスペシャルウィークが終了。
 
また、いつもの日常が始まります。
 
 
 
 
ここ数日はとりわけ生かしていただいている事への感謝の念が湧き起こる日々でした。
 
お盆だから勝手に感傷的になってるだけかもしれませんが。
 
 
 
何にせよ、今は本当に有難い境遇にいられてるなあと常々思っていて、それをまたひしひしと感じておりました。
 
 
 
いやね、人から見たら、全然大したことない境遇なんですけどね、
20年前の自分からは全く想像が付かない所に来ることが出来たなあという事をよく思うんです。
 
どん底でしたから。そこから6年か7年くらい。
 
 
ですが、それだけでなく、実は25年くらい前にこうなりたいと思っていた夢が大抵現実になっているのです。
 
 
それがまたね、強烈に「有難い感」を増幅させるのですよね。
 
 
 
しかし、それらがなぜ現実になったのか、不思議で仕方ないのです。
 
 
 
もうご先祖様のお陰としか思えないと言いますか。。
 
 
 
嗚呼、またお盆だから感傷的に。。
 
 
 
やめておきます。
 
 
 
でも、半分以上は自分の力ではないと本気で思ってます。
 
 
 
 
 
 
 
さて、ウェイズでは「仕事中はこのような価値観を大切にしましょう」という【信条】を掲げておるのですが、
 
その中にこんな文言があります。
 
 
「両親や家族、ご先祖様、仕事仲間、お客様、取引先、生活環境、仕事環境、自然環境など、当たり前のことなど何ひとつないという事を忘れず、仕事と人生に向き合いましょう。」
 
 
はい。会社で働くメンバーが持つべき信条として、「両親や家族、ご先祖様」を、「お客様」より前に持ってきている訳です。
 
 
 
それはなぜか・・・
 
 
だってね、仕事って多くの人が1日の3分の1くらいの時間を費やすものですよね。(休みの日は置いといて)
 
 
その意味ってすごく大きいと思ってまして。
 
そんな多くの時間を費やすものなのに、人が生きていく上で大切にすべき価値観を横に置いて、先にお客様はないだろうと思うんですよね。
 
 
 
いやまあ、順位とか順番とか付けずに、もう同時に全部大切にするっていう事で良いのですが、
それでも、先にその項目を持ってきてるのは、こだわりがあってそうしております。
 
 
 
やっぱり、「ご先祖様が連綿と命を繋いできてくれ、そして両親がそれを引き継いでくれたお陰で、今ここに生かされている!」という事を忘れて、仕事をしてはいかんと思うのですよ。
 
 
 
それを忘れない人は、たとえ失敗をすることがあってもね、誠意ある仕事ができるんじゃないかなと思うのです。
 
 
つまりこれ、端的に言うと、謙虚であり続けるということなんですよね。
 
 
 
全部、自分のお陰じゃないぞと。
 
 
 
人に支えてもらって、見えない存在にも支えてもらって、今の自分があるんだぞと。
 
 
 
 
という訳で、夏の後半戦も頑張って参りましょう。
 

2018.08.06 [ diary ]

夏祭り

先日、永田工務店様の夏祭り「感謝祭」に遊びに行かせていただきました。
 
京都市西京区・亀岡市を中心に、一戸建て住宅・大小様々な住宅地を建築されているを永田工務店様
 
 
永田さんが建てた新団地では、地蔵盆や夏祭りの開催が少ないという事もあり始められたというこのお祭。
 
 
その名の通り、本当に大感謝祭でして、いろいろと楽しめて子供たちはとても嬉しそう!
 
(写真はプライバシー保護の観点から正面から撮っていないので、笑顔写真はないですが…)






 
ふわふわドームなんて、もう最高にわくわくしますよねー。
皆キャッキャッ言うてました。
↓これね。外からの写真だけですが。
 

 
 
改めて永田さんって素晴らしい仕事されてるなあと感動!
 
 
やっぱり子供達を笑顔にする仕事っていいなとしみじみ思いますねー。
 

2018.06.01 [ diary ]

THE MARKET

東天下茶屋のTHE MARKET
古くからの知り合い、もとい友人が、最近始めたお店です。
 

 
流石、いい感じでした!

2018.02.08 [ diary,salesーpromotion ]

滋賀京都のお弁当

20周年記念絡みでね、先週末、社内で全体ミーティングを開催しました。
 
お昼ご飯から長い時間(と言っても、2時間半強)のミーティングだったので、
お弁当を会社で用意したのですけども、
折角なので、「制作を担当させていただいたお客様のお弁当を!」という事になり・・・
 
今回は「みなみ様」のお弁当を注文しました!
 

 
 
注文したのは、「近江牛すきやき&国産牛ステーキ弁当」と「手毬二段弁当」。
 

 
美味しかったです!

2018.02.06 [ diary ]

20周年記念日

実は昨日2月5日はウェイズの20周年記念日でした。

この日にお客様にメルマガをお送りしようと意気込んでおりましたが、
前日から家族がインフルエンザに罹患し、
その看病に追われ、何もできませんでした。
 
 
ま、もっと前からちゃんと用意してたらこんな事にならないんですけどね。
 
自社のコンテンツとなると後回し後回しとなるのが良くない所です。
 
 
 
うちは10周年も15周年も別に特に何もせず、あっさりと流してきたので、今回もあっさりと流そうかとも思いましたが、何かお客様に感謝の意を示す為、出来る事はないかと今更ながら模索しております。
 
決まったらお知らせしますね!

2017.11.09 [ diary ]

銀杏並木

晴れの日の秋空は本当に気持ちよく、幸せ感じます。
いえ、例え雨でも毎日感じてますが。
 
約2週間ですっかり色が変わっていました。
 
 
10月26日

 
 
11月9日

2017.09.15 [ diary ]

祇園

祇園のお客様訪問の帰り。
 
いい町並みです。
 

 
 
 
 
 
あ、一杯だけいただきました。
 

 
 

2017.08.15 [ diary ]

一年の振り返り

会社はお盆休みですが、臨時の打ち合わせが入ったので一人出勤です。
 
 
さて、うちは8月末が締めなのでちょっと一年を振り返っておりました。
 
9時~17時勤務のルールにしてから約一年。
数ヵ月前からはメンバーの一人が週二日在宅勤務となりました。
有休消化率はまだまだ100%達成にはほど遠いですが、自己管理システムは一応機能しているんじゃないでしょうか。
 
お仕事の面でも、イベントの企画から当日運営までを手掛けたり、
観光ガイド小冊子、新しい研修スタイルなど、地味ではありますがいろんな挑戦をしてきた一年でした。
 
課題もまだまだ多いですが、でもまあ何とか無事にまた新しい期を迎えられると思うと、とても有難い事だなと思います。
 
 
 
そうそう、心残りとまでは行かないけども、この一年間は異業種交流宴会が出来ておりませんでした。
ちょっと落ち着いたらまたやりたいと思ってますので、お客様の皆様、是非来てくださいね。
 
その前哨戦じゃないけれど、先日社員全員で私のホームインド料理店である京都一美味しいインド料理店にて食事してきました。
 

 
京都で美味しいカレーが食べたくなったら、是非!